読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

コスモスの咲く頃に

コスモスは、秋の桜である。その桃色の花がとても可憐で美しい。

 

コスモスの咲く頃になると、夏もとうとう見納めで、あたりは涼しさに満ちてくる。

街を行き交う人たちも、落ち着きを取り戻して、夕暮れの買い物を済ませている。

 

スピッツは、コスモスに託して、亡き人を悼む曲を書いた。


Cosmos / Spitz

 

約束の海まで ボロボロのスポーツカー

ひとりで行く クロールの午後

君の冷たい手を暖めたあの日から手に入れた浮力

ささやく光 浴びて立つ 君を見た秋の日

寂しげな真昼の月と西風に

揺れて咲くコスモス 二度と帰れない

 

時間が止まってしまうことがあるのだろうと思う。

浮力を手に入れ、宙に浮き、その場所から、その時間から前に進めない。

そして、あの頃の日々に帰ることもできない。

ただ、コスモスだけが、あの時と同じように揺れている。

 

コスモス=宇宙。その中に、世界のあらゆるものが映し出されている。