読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

時間があるとブログも書ける

f:id:jauma1th:20170430180530j:plain

今日は、友達と会って世間話をしているうちに、ビットコインやブロックチェーンなど、今をときめくフィンテックの話題となった。

金融業界に、IT技術の大きな波が押し寄せている。これから数年先、おそらく金融業界は大きく変貌を遂げるだろう。

 

友人と別れた後、いつものパターンで本屋に寄って、中華料理屋に入った。

近頃、ラーメンではなく、かた焼きそば、関西では揚げそばと言うのだろうか?(メニューにはそう書いてあった)、ともかく、かた焼きそばが食べたくなる。

西武線沿線には、餃子の満州というチェーン店が必ずあるけれど、そこのかた焼きそばは美味しかった。

今日入ったのは、定番の王将だけれど、揚げそばはなかなか量もあり、美味しかった。

 

今治で、宿泊したホテルの夕食に出てきたのは、鯛料理であった。5品か6品のうち、半分くらいに鯛が入っていた。レストランの人に聞いて見ると、愛媛では鯛が料理の定番として出されるという。

今治あたりでは煮た鯛が出されるが、南の方の宇和島方面では、お造りとかの生の鯛料理が出されると話されていた。

今回の料理の中でも、煮た鯛の頭が出て、久しぶりだなあと思って、頭の骨についた身を、時間をかけてほぐして食べた。目玉を食べるのも久しぶりだった。

 

呉では、地元料理は食べず、もう何年も入っていなかった、というか関西に来てからあまり見かけていないファミレスに入った。

24時間営業のファミレスは便利でよく使った。いつでも入れて、コーヒーをお代わりしながら、いたいだけいられる。

 

旅行から帰って来てからは、映画やドラマや音楽を流しながら、本を読み、ゲームをし、パソコンを叩きという、好き放題の生活になっている。

あと数日したらまた仕事開始なので、ちょっと怖い。

 

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)

それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)

 

 この本は、高校生に教える形で日本近代史が語られ、とても読みやすく勉強になる。

 

宇宙兄弟(1) (モーニングコミックス)

宇宙兄弟(1) (モーニングコミックス)

 

 今頃読んでいるのかと思われそうだが、私は時期を外して、かなり遅れてヒット本を読むことがある。まあ、たまたま読もうかと思っただけなのですが。

宇宙兄弟のお兄ちゃんの方のキャラ、これ結構好きだなあと思った。これぐらいで生きるのがいいよねと思った。

「自分自身のことで、最近発見したことはありますか?」という面接官の質問に、「人よりシャンプーがよく立つことに気づきました」と発言するところとか。

 

真面目に、でも面白く生きていたいなあと思います。