読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

友ヶ島計画

今週末、今日から泊まりで、友ヶ島に行こうかなと思っていた。

海と島に触れたいのと、写真を撮りたいという理由からだ。

だけど、12月からフェリーの時間の変更もあって、泊まりで行っても土曜丸一日潰れてしまうから、週末休めるのは日曜日だけになってしまう。

だから、結局、止めてしまった。

 

友ヶ島

和歌山市から近郊の加太港まで行って、フェリーで渡れば行ける、ラピュタの島。

ここには日本軍の砲台などが残されている。

日本にも正式な軍隊が1945年まで存在した。明治・大正・昭和という時代は軍隊とともに、近代化・富国化していった。

日本軍の位牌を肌で感じることは、日本の近代史をより身近に知ることに繋がる。

f:id:jauma1th:20131102151911j:plain

海、建造物、自然など、この島に行けば、撮影したい被写体も多いなと思っていた。

また、時間があるときに行こうと思う。

 

戦争は絶対にしてはいけない。

けれど、世界の歩みは戦争とともにあったし、これからもそうだろう。

だから、戦争というものから目を背けてはならない。

宮崎駿作品の隠されたテーマは戦争、それも日本軍の戦争である。

それが何を意味していたのか、彼はいくつかの作品で描いている。

風の谷のナウシカ [DVD]
 

 

友ヶ島に行けば、日本軍の何かが分かると思った。

そして、軍隊不在の現在を少しは知ることができると思った。