読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

田宮良子の娘

田宮良子と聞いて、誰だと思う人が多数だろう。『寄生獣』の登場人物で、人間ではない。

今日、本屋に寄ったのは『ネオ寄生獣』を買おうと思ったからだ。岩明均の『寄生獣』のさらなる様々な続きを描くこの本は、いかに『寄生獣』が影響力を持った作品であったかを物語っている。

田宮良子の娘のその後を描くのは、あの萩尾望都。人間と人間ではない生き物から生まれた由良は、人間でありながら人間を超えた存在だ。舞を舞い、海に潜り、人を殺めそうになる。

 人は人を殺せない。それは、私たちがそうした存在として立ち上がっているからだ。しかし、『寄生獣』が発表された当時、人を殺せない人間を逸脱する人間たちが登場してくるようになった。

人間の輪郭も変化し始めている。株価と同じように、社会も人も徐々に変わっていく変数である。