読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

好き嫌い

食べ物の好き嫌いは人様々である。

最近びっくりした好き嫌いは、炭酸飲料が飲めないというものである。理由を聞くと、子供の時に炭酸飲料を飲んで吐いてしまったらしい。今までに聞いた好き嫌いでは、トマトのどろっとした緑の部分が食べられない、卵を食べると蕁麻疹が出るから無理、貝類を食べると痙攣を起こす、にんじん嫌い、などなど。本当に人それぞれである。

ちなみに私は、鶏肉の皮の部分はカリッと焼いていないと無理である。それ以外は何でも食べられる。

また、人の好き嫌いも千差万別である。

人の場合は、好き嫌いという表現では表しにくい微妙なニュアンスがあると思う。この人は好きだけれど、この部分はどうしても許せないとか、この人はどうしても好きになれないけれど、この部分だけは尊敬できるとか、好きでも嫌いでもないけれど何だか気にかかるとか、人と人の関係は微妙で複雑である。

 

「彼が持ち合わせていて、僕が持ち合わせていないものは、いくつかあったと思う。というかたぶんたくさんあったんだろうと思う。でもそのうちのどれが彼女の気持ちを捉えたのか、そこまではわからない。僕らはそんな細かいピンポイントのレベルで行動しているわけじゃないから。人と人とが関わり合うというのは、とくに男女が関わり合うというのは、なんていうか、もっと全体的な問題なんだ。もっと曖昧で、もっと身勝手で、もっと切ないことだ」村上春樹『ドライブ・マイ・カー』

 

人と人との関係は、非条理で、曖昧で、個人的で、身勝手なものです。