ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

或る日の私の出来事

f:id:jauma1th:20190712213757j:plain

仕事帰りに、三条河原町で降りて、ラーメンを食べチャーハンを食べ、散髪をした後、書店に寄り、リプトンでロイヤルミルクティーのホットを飲んだ。

 

祇園祭の鉾や山もそろそろ出来上がって来ていると思ったけれど、四条までは足を運ばなかった。雨のせいかもしれない。それに、祇園祭に特に関心があるわけでもない。

 

近くのセブンイレブンに寄って、コーヒーと麦茶を買い、自宅に帰ってシャワーを浴びた。

 

令和元年7月12日金曜日のサラリーマン男性の日常の一コマ。

平成の頃と何かが変わったのだろうか?

一人の人間に限って言えば、時代の変化はまだ認められない。

f:id:jauma1th:20190713003053p:plain

 マケドニア軍は、滅法強かった。

フィリッポス大王、アレクサンドロス大王が率いた大軍は、オリエント世界を席巻した。

軍隊は組織運営の雛形を提供してくれる。

様々な性格、バラバラな動きの隊員をいかに統率していくか。

新撰組近藤勇土方歳三が、あの荒くれ者たちを統率した政治技術論を学んでいくこと。

f:id:jauma1th:20190713003844j:plain

一枚の写真

ベルリンの廃墟の写真

なぜ忘れ去られてしまったのだろう。

国道6号線沿いに、殺人事件の現場があった。

その場所を通るたびに目をやったが、外から見ても中は荒れ果てていた。

いつまで経っても変わらなかった。

あのような場所はどうなっていくのだろう。

f:id:jauma1th:20170430113614j:plain

また、1週間が終わった。

今週は普段よりも仕事が進んだ。

やる気のせいなのか、たまたまなのか。

面白くないわけではないが、仕事に100パーセントエネルギーを使うのは間違っている。

仕事はあくまで生きるための糧であって、生きることの数パーセントに過ぎない。

もっと広大な沃野を生きるための材料でしかない。

だから、仕事でのポジションは演劇の役割と同じ。そのポジションを私生活にまで引きずっている人たちは、本当に愚か。

f:id:jauma1th:20190407154226j:plain

桜の季節はとうに過ぎ去って、ハイビスカスや朝顔、向日葵にラベンダーが顔を見せはじめた。

花は、可憐に咲いているけれど、気がつかない人は気がつかない。

特別、私たちに損得を与えないからだろう。

だけど、花は、損得とは異なるレイヤーに位置づいていて、それは美であり、感情であり、愛であり、そう、私たちの心にダイレクトに訴えかける何ものかである。

 

花は、見ようとしない人には何も語らない。心を落ち着かせ、花に気がついて気を配る人たちに初めて、その本来の姿を垣間見せてくれる。

梅雨空と七夕と祇園祭のエレジー

f:id:jauma1th:20171103125657j:plain以前撮影した写真をランダムに並べてみました。

f:id:jauma1th:20171008113041j:plain

 近頃、自宅の自動車を使うことが増えて来た。出勤時に音楽を聴くようになって来た。

数年前までは、当たり前のようにやっていたのだけれど、ここ数年、自動車も音楽も、使い方・楽しむ時間帯が変わっていた。

何か、自分に微かな変化が起こっているのだと思う。

f:id:jauma1th:20190407154512j:plain

日常の切れはし、ぼやけた遠景がやがて近づいてくる。

近くなって遠のいていく風景

同じ景色をずっと眺めさせてはくれないのだろうか。

f:id:jauma1th:20190127074009j:plain

珍しく先日、昼間自宅に一人でいました。

いつか、そう遠くない先に親はこの世を去り、この空間に自分一人になるのだろうな、と思いました。

暗い、悲しい話としてではなく、人の常として、いつかは迎える日常の一コマとして、そうなんだなと思いました。

f:id:jauma1th:20170501183632j:plain

宣統帝の一生は、境遇は違えど、私の一生と相違はない。

朝に乗るバスが、死刑囚の囚人車だったら、と考えることがある。

楽しさ、苦しさという大雑把な言葉では表現しきれない感情

f:id:jauma1th:20180811174130j:plain

もとから、日常的に腹を立てないけれど、近頃は増して腹をたてることがなくなって来た。

そういう人もいる。こういうことも起こってしまう。どれもが今まで遭遇して来たことの範疇に収まってしまうので、怒ることも驚くこともない。

f:id:jauma1th:20190519121339j:plain

梅雨空も、それほど続かないから、雨もさして降り続かない令和元年の梅雨

七夕も過ぎてしまい、祇園祭も始まり、だけど、暑くないから夏という感じでもない。

f:id:jauma1th:20180813100116j:plain

学生時代、7月といえば、ボートの練習に明け暮れていた。

お盆前、花火大会が行われる頃になると、練習は一旦終了した。

荒川の河川敷やボートコースの土手に座り、ナトリウムランプの橙色の明かりに照らされながら、暮れていく黄昏を眺め、花火の音を聞いた。

その時は、その音やその時いた空間や時間が自分の全てだった。過去も未来も考えはしなかった。

時代も変わった。人は、同じように見えても、社会の関数だ。社会が変われば人も変わる。

私は、理性的であるよりも感覚的な人間だ。自分が求めている感覚。その肌触りをイメージしながら、それに合致するものを見つけようとしている。

 

戸田ボートコースの橙色のナトリウムランプ

自分はそのぼんやりとした明るさに照らされていると、不思議な空間にいるような、そんな感覚がした。

f:id:jauma1th:20170430114144j:plain

線路沿いのベンチに座りながら

f:id:jauma1th:20180812190132j:plain

寝たり起きたり、やっと目が冴えて来た。

この前の休日の話だ。

眠気が取れたら、ふらっと出かけたいものだ。

f:id:jauma1th:20190519122836j:plain

夜空の星屑はなんでも知っている

流れる箒星、あの子に伝えてよ

 

私は大勢の前で話すことが全く苦にならない。緊張も全くしない。

それは、小・中学生の頃に、何百人もの前で、舞台に上がっていた経験が大きいと思う。

 討論や議論で数名と話すのも好きだし、一対一で話すのも抵抗がない。

お喋りではないし、どちらかと言うと大人しい方だが、人と話すのは全般的に好きである。

だけど、小学生の低学年の頃までは、人と話すことが苦手だった。それを直そうと母親は、一緒にどこか行くたびに、私から人に話しかける練習をさせた。

 

あの子に伝えないと。

f:id:jauma1th:20180330191127j:plain

季節の変わり目は曖昧だ。

春のような、夏のような、はっきりしない季節の変節点

f:id:jauma1th:20170827101918j:plain

 『ガタカ』を観た。

どこに惹かれるのか分からないが、心に残る。

ガタカ (字幕版)

ガタカ (字幕版)

 

 縦の糸はあなた、横の糸は私

あと一月もすれば七夕がやってくる

 

少し視点を変えるだけで、世界の風景は変わる。

ピカソは、日々世界の惰性と戦っていた。

f:id:jauma1th:20170430183904j:plain

今日は珍しく、嬉しいことがあった。

近頃、疲れ気味なせいか、嬉しいことも2倍嬉しく思えた。

 

暮れていく街並み

学校帰りの高校生が自転車を漕いで走り去っていく

日々の憂鬱と惰性がビルを照らす夕日とともに消えていく

明日天気になあれ

日々、感情や気分は、更新されていく

同じ日など1日とてないが、同じような日々が波のように繰り返される。

レンズに映るフレッシュグリーン

f:id:jauma1th:20190519115838j:plain

f:id:jauma1th:20190519120256j:plain

f:id:jauma1th:20190519120909j:plain

f:id:jauma1th:20190519121139j:plain

f:id:jauma1th:20190519121447j:plain

f:id:jauma1th:20190519122503j:plain

f:id:jauma1th:20190519122603j:plain

街には些か強い風が吹いていた。

通りを行き交う人たち、鮮やかなグリーン色の樹々

陽の光が、川の調べが、車の排気音が、雑踏の響きに混じって、淡く遠く夢のような空間を作り上げる。

令和元年からのデザイナー

f:id:jauma1th:20190407080159j:plain

 GWも真ん中あたり。平成が終わり、令和が始まった。

私は、仕事の準備をしたり、部屋の整理をしたり、美味しいものを食べたり、本を読んだり、、、

GWが始まった頃は眠くて眠くて、早起きはするけれど、すぐに寝てしまう状態だった。やっと、昼間眠くならなくなって来た。

 

旅行に行こうかと思ったりするが、結構あちこち行って来たし、近場の方が知らないなあ、と思う。

何をするにしても、時間を無駄にしたくないと思う。ぼーっとする時間も必要時間と考えて、無駄にしたくないと思う。

 

音楽も久しぶりにゆっくりと聴いているのだが、あいみょんは落ち着くなあと思う。

瞬間的シックスセンス

瞬間的シックスセンス

 

 映画は、何度も見ているのだが、ブレードランナーが気になってしまう。

ブレードランナーファンならご存知だと思うけれど、2019年と2049年の間に起こった出来事が、3つの短編映画として製作されている。この3つもなかなかスゴイ作品で、架空とは言え、これらトータル5つの作品は、我々の未来史の一端を掠めているように思う。

新記号論 脳とメディアが出会うとき (ゲンロン叢書)

新記号論 脳とメディアが出会うとき (ゲンロン叢書)

 

 今関心を持って読んでいるのは、新記号論

これはとにかく面白いし、フロイトと心の問題を中心に取り上げている。

f:id:jauma1th:20190407080146j:plain

令和になったけれど、何かが変化していくのは、これからだ。

自分を自分でプロデュース・デザインしていくことが、意識しないと難しいが、高齢化社会を迎えての生き甲斐と密接に関わってくると思う。

今、落ち着いて振り返ってみると、他人や社会の圧迫や模倣で、自分の考えが流されていないだろうか?

他に流されて自分がなくなっている人は大勢いると思う。

 

令和元年からのデザイナーは自分だと言い聞かせたらどうだろうか。

身体性以上の速度を求めて

f:id:jauma1th:20190413193255j:image

仕事が終わり、そう今日もあったのだ、電車に乗り込んで、気の向くまま山陽方面に向かっている。

 

電車にしばらく乗りたくなったのだ。

自分の身体以上の速さを求めて、一っ飛びで遥か遠くまで行きたくなる時がある。

 

それは、どうしたことが原因かは定かではない。

仕事で歩き回り、走り回っていたからかも知れない。自宅で、ずっと座って作業をしている時は、そうはならない。

 

ともかく、電車の速さは心地よい。ぐんぐんと景色を後背に退けていく爽快さ。

もう暗くなって来たから、景色は見えなくなったが、ともし火の欠片が次第次第に流れ去っていく。

 

眠るよりも、電車に乗る方が疲労は回復する。身体の欲する速度のバランスが回復して行く。

 

今日はどこまで行こうか?

磯の香りが漂う涯まで行ったら、トンボ返りしようか?

 

オブラディオブラダ

何がどうあれ、人生は続いていく。