ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

夏への扉

f:id:jauma1th:20170501190424j:plain

今日は早く退社できた。

だから、チャーシューメンを食べて本屋に寄って帰った。

私にとって本は、大切に扱うものではなく、使い倒すものである。

必要な情報を取り出して自分のものにできるように、上手に活用すべきものである。

特に新書はそうである。

私にとって関東地方・首都圏は重要な場所である。

都市を分析する上でも、居住地としても、目が離せない場所である。

今後どんな街が生き残っていくのか?

 全く知らなかった次世代のアートビジネスの世界。

カラー刷りの新書で、一体どんなアートなんだろうと気になった。

 人口減少で、具体的に何が起こっていくのか?本書はそれを手っ取り早く教えてくれる。

2024年、全国民の3人に1人が65歳以上。

この事実から、何を想像するか?どんな世界になると考えられるか?

具体的なデータを知らされると、具体的なイメージが湧いてくる。

 

少し目が悪くなってきたのか?

それともコンタクトが乾いていただけなのか?

見えるんだけれど、周囲の人の顔が鮮明に見えず、視力が衰えてきたのか?

 

市川海老蔵の奥さんが亡くなった。

辛いと思う。どうしたらいいのか分からなくなると思う。死にそうなくらい辛いと思う。年月が、その苦しみを少しずつ和らげてくれると思う。周囲の人の協力と励ましがとても大切になってくる。

 

やっと今日、彼女の姿をチラッと見ることができた。

いてよかった。ホッとした。

 

今日はいつもより暑かった。夏がもう目の前に迫ってきている。

広告を非表示にする