読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

直島、今治、松山、その写真記録

f:id:jauma1th:20170430120929j:plain

f:id:jauma1th:20170430113819j:plain

f:id:jauma1th:20170430112926j:plain

直島の港近くに展示されているオブジェ3つ。

 

f:id:jauma1th:20170430114143j:plain

f:id:jauma1th:20170430114523j:plain

f:id:jauma1th:20170430120610j:plain

茫漠とした空間と時間。

 

次の高松行きまで3時間ほどある。

島全体を見ることもできたが、港近くでウロウロ。

待合場所で、本を読んだり、ゲームをしたり、ウトウトしたり。

島の時間は、東南アジアやラテンアメリカの時間の流れと似ている。

齷齪しない。成り行きに任せて、慌てない。慌てることなんて何もない。

 

f:id:jauma1th:20170430175513j:plain

直島から高松経由で今治へ。もう夕方。

今治はどこか、懐かしさを感じさせる。どこかで出会ったような街。

過去の記憶、過ぎ去った遠い昔の残影が浮かび上がる。

 

f:id:jauma1th:20170430180453j:plain

f:id:jauma1th:20170430180553j:plain

f:id:jauma1th:20170430181116j:plain

GW中のためか、日曜日のためか、街中はやけに、ひっそりしていて人の気配があまりない。

市役所前には、造船の町の象徴である船の巨大なスクリュープロペラが展示してある。

 

f:id:jauma1th:20170430183318j:plain

f:id:jauma1th:20170430183540j:plain

今治港。夕暮れ。船舶も港に帰ってくる。

灯台の奥の方に、来島海峡が見え、その先にしまなみ諸島が顔を見せている。

 

f:id:jauma1th:20170430201845j:plain

f:id:jauma1th:20170430202256j:plain

 日没後、ホテルで借りた自転車で今治城へ。

ミニチュアのような、幻想的な、お城の全景が暗闇に浮かび上がる。

二条城もそうだけれど、今治城でも、夜、ダイエットのためか、ジャージ姿で走る人が数人見られた。

 

f:id:jauma1th:20170501102838j:plain

f:id:jauma1th:20170501102803j:plain

翌日は、JRで今治から松山へ。

松山は今回の旅では通過点。呉へのフェリーの発着点。