読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

写真、言葉、複雑な私たち

f:id:jauma1th:20161203145408j:plain

 今年は一眼レフカメラを使い始めて、多くの写真を撮った。

この写真もその中の一枚である。

自分がこんなにもカメラに夢中になるとは思っていなかった。

でも、私は画像や映像がとにかく好きで、今までもショートムービーを作ったりすると、一日中パソコンに向かって編集していたなと思った。

 

言葉は難しい。

写真や映像の方が、言いたいことが伝わるように思う。

人は言葉で言ったことと正反対のことをしていることがある。

言葉と心は、密接でありながらも反発しているのだと思う。

言葉を操るという。

言葉と心が分離可能だからできる技術だ。

 

RADWIMPS「なんでもないや」の中に出てくる、「君の心が君を追い越したんだよ」という歌詞は、「君の心が君の言葉を追い越したんだよ」と変換可能だ。

心の動くスピードは、言葉の動くスピードよりも速い。

心=無意識の動くスピードは、言葉=頭脳=意識の動くスピードよりも速い。

私たちは、何事かを頭で考え、言葉にする前に、何かを心で感じている。

それは、イメージとなる場合もあるけれど、瞬時に現れて消えていく幻の場合もある。

 

生物であり、人間である私たち。

心を持ち、言葉を持ったがゆえに複雑な私たち。

無意識と意識に囲まれた空間を彷徨い続ける私たち。

正しさも美しさもその中から生まれてくる。

桑田佳祐の「明日晴れるかな」をカラオケで歌っていた彼も、この歌の歌詞以上の歌詞を歌っていたに違いない。

 

道が途切れなくどこまでも続いているように、私たちもつっかえながらも途切れることなく歩むほかない。

今年そうであったように、来年もそうであるほかない。

言葉に縛られる前に、心を解放しよう。

言葉を理解するより前に、心を感じ取ろう。