読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

深夜、静まり返った時間

日常

朝、雨がパラパラ降っていた。

滋賀県に移動すると、雨も止んでいた。

青空も少しずつ覗いてきて、琵琶湖を見下ろして峻厳に聳え立つ湖西の山脈が、雨後の透明さのお陰で、如実にその稜線を見せている。

 

琵琶湖線の車内の明かりが、いつもより随分明るかった。蛍光灯を入れ替えたみたいだった。

東南アジアのどこかの国の言葉が聞こえた。

京都駅は、いつものように海外からの観光客で賑わっている。

 

小学生や中学生たちは、もう冬休みなのだろう。

駅には、クラブ活動の大会のためだろう、どこかに移動するたくさんのジャージ姿の女の子がいた。

京都駅伝のために、もう現地入りしている他府県からの高校生もいた。

 

時間は実在しているわけではない。

地球は太陽の周りを、自転しながら移動しているけれど、ただそれだけである。

朝が来て明るくなって、夜になって日が落ちる。ただそれだけである。

私たちは、便宜上、時間というものを作り出して、それに沿って生きている。

クリスマスも正月も、暦という装置のなせる業である。

 

シーンと静まりかえった深夜。

RADWIMPSの人間開花のCDジャケットの女の子がこちらを見つめている。

昔々、年末になると、数百枚の年賀状を夜遅くまで書いていた。今はもう、そんなには書かない。

耳を澄ませると、遠い日本海の港の波の音が聞こえてくるようだ。停泊する漁船やモーターボート、真っ暗な中に微かに光る遠くの灯台からの明かり。

 

何か言いたかったのだろう。何か言って欲しかったのだろう。

悲しかったんじゃないのだろうか。開きたいけど、開けない。

言葉は難しい。人の心は難しい。

 

音がない時間。

これから何が起こるのか分からない。私たちはどこにも行けないし、どこにでも行くことができる。

 

眠らないと。

明日はまた、カメラを持って撮影に行きたいと思う。