読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

年の瀬という奇妙な空間

日常

街を歩くと、様々な人に出くわす。

路上でギターを掻き鳴らす男の子。家族連れで観光に来た中国人。道の片隅でひたすら電話を掛けている女の子。

楽器屋の前に自転車を止めて、友達とおしゃべりしている高校生。老夫婦が仲良く商店街を歩いて行く。

 

私たちは他人の人生を生活を、想像するしかできない。

想像以上の生活が展開されているのかも知れないし、自分と同じくらいの幸せや不幸を抱えているのかも知れない。

 

12月の風景は、個々の生き様を浮かび上がらせる。

それは、年の瀬という締め括りを、誰もが通過しようとしているからかも知れない。

普段はバラバラな目的を持って生きている我々が、年末になって、架空の一点に向けて進んでいるから、個々の生を比較しやすいのかもしれない。

 

師走は不思議な空間だ。茫漠とした中に浮かんでいるような気分にさせる。何もかもが許され、何もかもが優しげに映る。

川に遊ぶ小鳥たちも落ち着いた表情を浮かべているように思える。

 私は、出来る限り冷めた目でこの空間を眺めていたいけれど、この揺り籠の中に自分も入ってしまいたいとも思う。

 

私も、普通に仕事をし、本を読み、音楽を聴き、眠い日には疲れて早く帰りたいと思う。気になる人もいて、お腹が空いたらご飯を食べ、日曜になるとカメラを持って出かける。

そんな日常、どこにでもある日常。それが壊れるでもなく、ふっと浮遊してしまう12月。

 

もうあと、2週間でそんな宙吊りの空間も消滅する。

この気持ち良さを自覚して、残された時間に埋もれたいと思う。 

f:id:jauma1th:20161218125322j:plain