読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

降る雪や明治は遠くなりにけり

関東地方で初雪が降ったと聞いた。

東京で11月に雪が降るのは珍しいと思う。

ネットのニュースを見ると、懐かしい練馬区光が丘公園の積雪写真が掲載されていた。

 

降る雪や明治は遠くなりにけり

 

中村草田男の有名な俳句が浮かんできた。彼は昭和に入って、たった20年前にはまだ明治だった世を懐かしむ。

 

雪は過去の何かを思い出させる。特にそれほど雪が降らない地方では、雪とその日の出来事が際立ってリンクしている。

 

私も雪を見ると、いくつかの出来事が脳裏に蘇ってくる。

一番すごかった思い出は、自動車通勤をしていて、昼頃雪がチラチラしているなと思っていて、夜、帰ろうとして会社の外に出ると、とんでもない量の雪が積もっていた。

えー、と思って、近所までゆっくり帰ってきたのだが、坂道で雪のため車が進めず、順番にドライバーが数人で、自動車を坂下から坂上まで押していた。

 

急いでいたわけでもなかったし、なんか面白いなと思って、私も車を押すのを手伝って、30分ほどして自分の番になったので、帰宅できた。

 

雪が降らなければ体験できなかった、もうずいぶん昔の思い出である。