読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

かっこ悪いかっこよさ

スガシカオ続きですが、「ふるえる手」という曲の歌詞です。

 

いつもふるえていた

アル中の父さんの手

僕が決意をした日

やれるだけやってみろって

その手が背中を押した

何度だってやり直せばいい

 

僕が描いた夢に向かって

歩きはじめたあの日を

忘れることなんてない どんな日も

 

夏の区営プールで

泳ぎを教わった日も

指がふるえていた

「父さん、もう平泳ぎはいいから・・・」って心で言った

かっこ悪くて 真っ直ぐで

 

いつか僕の結婚式で

そのふるえる手が見たかった

不器用な言葉と

 

僕が望んだ夢に向かって

もう何度もつまずきながら

歩き続けています あの日から

 

スガシカオ父親はアル中で、見栄えも良くなく、話し下手だったようだ。

けれど、そんな見た目のかっこ悪さとは関係なく、スガシカオ父親が大好きで、誇らしいと思っていたことが分かる。

 

どれだけ子供のことを、人のことを、心から気にかけて考えてくれているか、そのことに子供は、人は、心を動かされる。

外見は重要な要素じゃない。

この短い歌詞の中には、こうした、人が肝に命じて振る舞って行かねばならない態度が記されている。

 

僕が描いた夢に向かって

歩きはじめたあの日を

忘れることなんてない どんな日も

 

父親の言葉が背中を押した決意の日を、スガシカオは生涯忘れることがないだろう。 

 


スガ シカオ - アストライド (Short ver.)

 「ふるえる手」と呼応する「アストライド」を貼り付けておきます。