読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

昨夜か今朝、自分が一番会いたい人が夢に出てきた。

夢とは思えないような夢だった。でも夢って、見てる時は現実だと思ってしまっている。目が覚めてから夢だと分かる。今回もそうだった。

君の名は。』もそうだったけれど、夢って不思議な現象だ。身近にいない人が時を超え、場所を越えて現れる。

 

予知夢、夢の分析、正夢など、夢はいつも現実との差異・落差として認識される。つまり、夢と現実は対の語彙として認識される。

けれど、夢は現実と無関係なのではなく、意識という水面に現れてはいない心の中の思い・考えを、つまり無意識と言われているものを、垣間見せる現象だと言われている。

 

私は今朝起きて、それが夢だったことにショックを受けたと同時に、それが現実であるはずがないとも思った。

夢は現実の影法師。そこには、普段気づいていない自分の心が蠢いている。

でも、夢が現実になってほしい。そう思う。