読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

郊外という空間

郊外と呼ばれる場所が好きである。

郊外は、その前提として都会がなければならない。郊外は都会からの距離から生まれる空間だから。

東京都心部の周囲に広がる郊外。

金町辺りから江戸川を越えて、松戸・柏へと広がる郊外も、なんとも言えない寂寞のような、悲しみのような感情が伴う。

草加・春日部・越谷の風景もそうだし、東村山・所沢・狭山への景色もそうだ。

郊外の風景は、工場、似たような住まい、大型ショッピングセンター、公園など、少しずつ人工的な景色が入り混じってくるが、そうした風景を見ていると、寂しさを感じてしまう。

でも、その寂しい感じがとても好きなのだ。

随分と前に、何の目的で通ったのかは覚えていないのだが、越谷の小さな川沿いの住宅地を歩いたことがある。

ただ、同じタイプの住宅が続く町で、何でもないような町に思えるのだが、私にはなぜだか、その光景が身にしみた。それはその場所が、郊外だったからではないかと思う。同じような風景を地方の田舎で見ても、何とも思わないだろう。

どうして、郊外の風景に対して、そうした感情が湧いてくるのか分からない。現代都市で生活する人たちの、何と言えばいいのだろう、生活の襞のようなものが、郊外の風景から感じ取れるからだろうか。