読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

9.11

明日は9.11である。

もう随分前になってしまったが、21世紀の始まりを告げる日付として歴史に刻印された。

私は夜の10時のニュースでこの事件を知った。というか、1機目がビルに突っ込んだ直後、2機目がビルに突っ込んでいく瞬間をリアルタイムで見た。画面では、そんなことが起こりうるのか、という映像が映し出されていて、これが現実のものとは思えなかった。

ちょうど、3.11の大地震を体験した時、これが何なのか直ぐには理解できなかったのに似ている。

日常を超える出来事が起こると、しばらくそれが何なのか理解できないのだと思う。

9.11はテロとの戦いを告知する出来事として理解されているが、日本では、イスラム原理主義やテロとの関係はそれほどない。ならば、日本人はこの事件と無関係で、対岸の火事として済ませられるのか?

そんなことはない。直接にテロが勃発しなくとも、あの映像を見て浮かび上がるのは、現実は現実を超えていくということだと思う。

日本社会も少しずつ変質している。今日なくても、明日全く新しい事が起こりうる。けれど、それは決していきなり新しい出来事が起こったわけではない。今まで着々と準備されていた事が、衆目に晒されたに過ぎない。

新しい出来事は、歴史の断絶と連続を教えてくれる。