読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

1192から1185へ

最近の教科書では、鎌倉幕府の成立がいい国(1192)からいい箱(1185)へと変わっています。1192は頼朝が征夷大将軍に任命された年、1185は守護・地頭の設置という幕府の実質的な仕組みが成立した年。

何をもって幕府の成立と見るかは、議論しなくてはいけない問題だと思いますが、こうした年号が問題になる場合、大体、入試絡みで問題にされます。そもそも、年号暗記から始まって、人物名の暗記、事件の暗記といった、暗記ものとして歴史を捉えているところに、日本の歴史教育の問題があると思います。

歴史を始め、社会科は暗記科目どころか、頭で深く考えて理解していく性格の科目で、入試が暗記一辺倒になっているから、それに合わせて学校の授業も詰め込み学習になってしまっている。

歴史教育に必要なのは、基本的な歴史事項を教えた上で、例えばなぜ武士が政権を取るようになったのか?戦後、天皇制はなぜ維持されたのか?武士が発生したのはどうしてか?参勤交代の制度の必要性は、などの問題にアクセスし、議論やレポートを提出させたりして、各時代の重要な問題を深く考えさせることが大切です。そうすることで、現在の問題を深く考えることのできる思考回路が作られると思います。