読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

es gibt

ハイデガーはes gibtという構文で存在を定義しました。つまり、存在はどこかから与えられる。

私たちは自分自身で考えて行動し、そのことで自分という存在を全うしていると考えています。けれど、本当は自分という存在は、自分以外のどこかから与えられることで成り立っている。

感情というものが、そのことを雄弁に語っています。感情は不意に人を訪れます。自分でその感情を求めようとしてやってくるものではありません。気が付いたら、怒りや悲しみや愛しさや嬉しさの感情が到来しています。

身内が死んだことを知らされた時、突然湧いたように悲しみの涙が溢れてくる。ある一言がその人の逆鱗に触れて突然怒り出す。なぜか気が付いたら突然誰かを好きになっていた。知り合いからのねぎらいの一言で突然嬉しさがこみ上げてくる。

こうした感情の到来は日常生活の中で普通に見られる光景ですが、どの感情も突然、何の前触れもなしに、その人を訪れるものです。

この外から私たちを訪れるという現象、これこそ存在の特質であり、不可思議なところです。