読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

あんまり覚えてないや

Mr.Childrenの「あんまり覚えてないや」は、人や物とのふれあいの蓄積を主題にしている。 好きだった女の子と一晩過ごしたこと 突然の奇跡のようなメロディーを思いついたこと けれど、あくる日になれば、その出来事もメロディもあんまり覚えていない 年老い…

桜並木の道の上で

今日は夕方から髪を切りに行った。かなり伸びていたからだ。 その後、祇園を抜けて八坂神社と円山公園に行った。桜はもうかなり散っていた。 まだ残っている桜を探しながら、知恩院を横目に華頂を通り、東山駅まで歩いた。 午前中は仕事の準備をしながら、ス…

2月になりました

明日から2月である。 節分、ヴァレンタインデー、mi cumpleaños、京都マラソン、、、。 SF小説に、春・夏・秋・冬がそれぞれ20年周期で移り変わって行く星という設定の物語があって、どの季節に生まれ、どの季節に老いを迎えるかで、それぞれの生涯が結構大…

空に悲しみのない街がいいな

昨日も一昨日も、机の前で何度も寝てしまった。相当、疲れていると思った。 やらなければならないことがあり、写真を撮りに行くことができない。 西武線の一部の区間で、通勤と帰宅時間に、追加料金を支払うと座れるようになるらしい。 西武線に限らず、東京…

雪の降る夜は楽しいペチカ

今日もまた、結構雪が降った。 雪が降ると、やっぱりかなり寒い。猫もコタツで丸くなりたいだろう。 あまり寒がりではないが、さすがに寒いので、フード付きの大きめのネックウォーマーを買った。 これではないのだが、こういう感じで暖かい。 purplecow(パ…

高層ビルの群れが蜃気楼に見える

五輪真弓の「空」をなぜだか口ずさんでいた。 と同時に、NHKドラマ「銀行」のことが思い出された。 残念ながらかなり前のドラマなので、ネット鑑賞はできなかった。 代わりに「メガバンク」という金融ドラマを少し見た。 高層ビルの群れが 砂漠の中の蜃気楼…

情熱があり、悲しみがあり、優しさがある

黄金の月 - スガ シカオ(SUGA SHIKAO) スピッツ / 若葉 前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV Mr.Children「Tomorrow never knows」Music Video 思いついた曲を4曲、貼り付けておきます。

何度だってやり直せばいい

ねぇ どんなやつだって いい人に見られたいって思っているんでしょう? そんな風に誰かの目を 気にしてる うす汚い自分はカバンにつけられて 揺れてる あのマスコットみたいです汚れたまんまで ぶら下がって いつかどこかになくなってしまう 『ねぇ それ、こ…

マーラー「夜の歌」

マーラー : 交響曲第7番ホ短調「夜の歌」第3楽章 Mahler: Symphony No.7 E minor III. Scherzo. Schattenhaft マーラーの長大な9つのシンフォニーは、一つの独特な世界を形作っている。 そこに描かれている印象的なモチーフ。数多くの楽器が奏でる複雑なオ…

アメノヒニキク、並行する異世界

RADWIMPSの新しいアルバムの中の新曲「アメノヒニキク」は何を歌っているのだろうか。 今日は灰色 今日は灰色 僕は水色の中に 今日は灰色約200グラム 重い 今日の僕らは約200グラム 重い 昨日よりも 約2、3センチ ずるい 今日の僕ら約2、3センチ ひりり 君の…

音楽を音楽として聴く

私は、どんなジャンルの音楽も好きである。 クラシック・ジャズ・洋楽・JPOP・民族音楽など、気に入ったものは聞いている。 もちろん、すべての曲を聴けるわけではないし、好きな曲が見つかれば繰り返し同じものを聞くから、新しい曲に出会えるのは先になる…

料理も、石の上にも三年

長い間、365日、毎日食事を作り続けてきた。外食をすることもあったけれど、基本的に自分で作っていた。 だから、スーパーに陳列してある野菜や肉や魚やその他、どこに何があり、大体いくらで売られているかもよく分かっていた。 料理も色々なものを作ってき…

週刊少年ジャンプ的な未来

今日は、寂しい一日だった。何だかあまり元気がでなかった。 週刊少年ジャンプ的な未来を 夢みていたよ君のピンチも 僕のチャンスと 待ち構えていたよ どこの何者でもない君も あの時の少年は 最前列で君のことを 君だけを見ているよ 君だけのヒーロー 君だ…

かっこ悪いかっこよさ

スガシカオ続きですが、「ふるえる手」という曲の歌詞です。 いつもふるえていた アル中の父さんの手 僕が決意をした日 やれるだけやってみろって その手が背中を押した 何度だってやり直せばいい 僕が描いた夢に向かって 歩きはじめたあの日を 忘れることな…

Mr.Children/Spitzの時代

1990年代、ミスチルとスピッツがJ-popの世界で台頭してきた。 ミスチルは当初、個人的な恋模様、生活模様を歌う音楽で、ビートルズの日本的・現代的模倣として登場した。それは嘗てのタイガースのような、ビートルズと同時代の模倣音楽の反復であった。 その…

ラーメン屋の松任谷由実

今週は予想に反して忙しくなった。 今日は帰りにラーメン屋に行った。店内で注文をして待っていると、有線から松任谷由実の曲が流れてきた。久しぶりに聞いたのだが、やはりあまり好きではない歌声である。 その声を私は生理的に受け付けにくいように思う。…

風邪は眠るに限る

風邪を引いてしまい、集中力があまりない。 私は咳がいつも残るので、喉痛や鼻水は治っても、咳がなかなか止まらない。 一眼レフカメラで撮影してみました。 スマホとはやはり違います。 スガシカオ 「月とナイフ」1999年 スガシカオの中で一番好きな歌の一…

走り抜けて見返る、追い越されて立ち尽くす

友人、恋人、夫婦、親子、先輩後輩、、、。世の中には、様々な関係が存在している。 仲がよくても、突然悪くなったり、全く交流がなくても、急に話始めたり、、、。 でも、一番堪えるのは、長い間仲が良くて、急にすれ違い始めるということではないだろうか…

匂いから花を知る、金木犀

毎朝、自宅を出ると、金木犀の匂いがする。その匂いは甘く、もうそんな季節かと確認してしまう。 その匂いが金木犀だと知らない頃は、一体この匂いはなんだろうと思っていた。どこから匂いがしてくるのだろうと思っていた。 金木犀だと知っている人ならば、…

コスモスの咲く頃に

コスモスは、秋の桜である。その桃色の花がとても可憐で美しい。 コスモスの咲く頃になると、夏もとうとう見納めで、あたりは涼しさに満ちてくる。 街を行き交う人たちも、落ち着きを取り戻して、夕暮れの買い物を済ませている。 スピッツは、コスモスに託し…

今日は何も書けない

今日は何か書きたいと思うのですが、何も書けない。理由はなんとなく分かるのですが、明確ではなく、モヤモヤしていて気持ちが悪い。 現在、豊洲市場移転問題で談合疑惑があるみたいですが、NHKの『鉄の骨』という談合を扱ったドラマは、談合の内幕を描いて…

「なんでもないや」、世界の否定から肯定へ

RADWIMPSの「なんでもないや」の、歌の題名「なんでもないや」という言葉は、歌詞の中に一度だけ繰り返して表れるだけである。 だから、多くの人がこの歌を聴いて、「なんでもないや」という言葉をスルーしてしまいがちだと思う。 けれど、題名にもなってい…

1993年の二つの歌、歴史の空白地帯

1989年にベルリンの壁が崩壊し、1991年にソビエトが崩壊し、冷戦時代が幕を閉じる。そして、2001年に9•11テロが発生し、新しい対立が幕をあける。 冷戦終結から9•11までの90年代は、どこかしら歴史が終わってしまった感覚があった。 この間の1993年には、例…

セカオワ、動物殺処分ゼロプロジェクト

年間で10万頭、1日で200頭以上の犬や猫が殺処分されているという。 ひどいと思う。彼らが殺されるのは、その多くが我々の責任である。 引きとれる人にも限りがあるだろうし、最期まで大事に育ててあげてほしい。 セカオワは、ブレーメンと名付けられた動物殺…

新世界

ドボルジャークの『新世界』は、彼がアメリカに初めて出会った時の印象を音楽にしたものである。全4楽章のこの交響曲は、どの章も素晴らしい旋律とリズムで、今まで色々な指揮者が様々な解釈で演奏をしてきて、こんなにも違うのかと思えるいくつもの演奏が…

アズテック・カメラ再来

ブックオフで偶然、ロディ・フレイムの名前が目に入った。 ずっと忘れていた。ずっと昔、よく聞いていた。懐かしい緑色のCDジャケット。裏表が緑色の、このCDがとても好きで、いつも机のそばに置いて聴いていた。 Stray アーティスト: Aztec Camera 出版社/…

BOSE sound、重低音はすごい

本が溜まりすぎて本棚を購入し、部屋をリニューアルした。 きれいに整理された部屋で、高めの位置に置いて、大きめのボリュームでboseのスピーカーをつけて驚いた。こんなに重低音がすごかったっけ? オーボエ曲をかけたのでコントラバスの低音がすごく響い…

僕の心が、僕を追い越したんだよ

「僕らタイムフライヤー 時を駆け上がるクライマー 時のかくれんぼ はぐれっこ はもういいよ 君は派手なクライヤー その涙 止めてみたいな だけど 君は拒んだ 零れるままの涙を見てわかった 嬉しくて泣くのは 悲しくて 笑うのは 僕の心が 僕を追い越したんだ…

RADWIMPSの意味

毎日、radwimpsの話題が絶えないが、ここしばらく彼らの音楽を聞いてハッとした。彼らの音楽は私に20代の頃の風景を思い出させてくれる。夢があり、日常生活があり、明日があり、哲学があり、なんでもある20代の頃を思い出させてくれる。年老いていき、何に…

「ブレス」に出会うまで

「ブレス」とは、RADWIMPSの名曲である。ある何かに出会うまでに、人はどのような経路を辿るのだろうか? ほんの1年ほど前、私はRADWIMPSの存在を全く知らなかった。私がRADを知ったのは、伊藤万理華と松井玲奈を通じてであった。この二人は乃木坂46のメンバ…

音楽を聴き入ることへ

カラオケが日本に根付いて久しい。ゲームセンターやボーリングに行くよりも、カラオケに行くという家族やカップルが今では多いのではないかと思う。 カラオケが流行るというのは、一つには音楽が歌の部分というかボーカルとして捉えられている、ということが…

言葉がメロディーに溶け込む、RADWIMPS

日本語が理解できる我々には、J-POPを聞くと、どうしても言葉がメロディーと同時に耳に入ってくる。考え事や本を読んだりして言葉に接している時、そばで言葉が鳴り響いていると、邪魔になり集中できない。クラシックやジャズといった音だけの世界だと、邪魔…

モテるモテない、ピアニスト、雰囲気

音楽家の中には、モテるタイプの音楽家とモテないタイプの音楽家に分かれるというのをどこかで読んだことがあるが、まあそうだろう。ベートーヴェンやブラームスはモテないだろうし、リストやショパンはモテただろう。音楽を聴いてみても、前者は悪く言えば…

今度君に会ったら

#22 KAN - 今度君に会ったら KANの名曲。今度君に会ったら 言葉は難しくて表現が足りなくて 君のこと少しも分からないまま 僕の気持ちも伝えられなかったから 言葉は難しい。伝えることは難しい。けれど、本当の思いを持ってぶつかれば、必ず相手に伝わる。…

『小さな生き物』(2013)から『醒めない』(2016)へ

小さな生き物とは、『小さな生き物』CD歌詞ブック表紙の金魚のこと(だけ)ではなく、私たち人間のことである。スピッツの歌詞では私たち人間のことを、生き物とか獣とか生物に喩えることがある。『醒めない』でも、1曲目「醒めない」の中に「単純だけど繊細な…

何の変哲もないLove Song

KAN作詞作曲の歌です。youtubeのはミスチルの桜井さんが唄ってます。KANとミスチルって交流あるんだね。「抱きしめたい」をKANがカバーしてたり。 何の変哲もないLove Song by Bank Band from ap bank fes '06 晴れわたる空に白い雲 君とぼくがいて なんでも…

『進化論』大きな世界と小さな世界の蝶番

Mr.Children『進化論』を聴いて耳に残るのは、「今日も回ってる ああこの世界 愛しき世界 君と回してる」というサビの部分だ。 この部分だけを見ると、私と君の二人だけの対の世界を、今日も二人で慈しんで回しているという、よくある愛の歌のように思える。…

スピッツ『楓』はもう20年近く前の曲だけれど、若い人でも好きな人は結構いるみたいで、今でも色褪せない輝きを保っている。 この曲の中に、「かわるがわるのぞいた穴から 何を見てたかなあ?」という歌詞がある。 歌詞を読まないと、「かわるがわるのぞいた…

音楽3つ

今は珍しくあまり気分がブログに向かない。というか、何となく憂鬱。理由は特にない。また、気が向いたら書きます。 だから、お薦めの曲を貼り付けておきます。 月の光 ドビュッシー 『月の光』は名曲だけれど、黒沢清監督の『東京ソナタ』を見るともっと好…

チェット・ベイカー

今一番気になる問題は宗教についてである。けれど、問題が大きすぎて少しずつ考えていかないと、漠然としすぎている。また宗教については方針を立てて考えていきたいと思う。 肩の力を抜いて、音楽のことを書こうと思う。 私は音楽がとても好きである。聴く…

ヨシュア・ツリー

モーゼから後継者を委託されたイスラエルの指導者ヨシュアは、旧約聖書のキリストと呼ばれている。 U2の『ヨシュア・ツリー』は、ヨシュアが天に向けて手を伸ばし、アイの町を攻撃した姿に似た樹木ヨシュアツリーをモチーフにしている。 Joshua Tree アーテ…

雨音、カフェの音

梅雨の時期に、雨の音も必要ないかと思われますが、不意に雨音が聴きたい時ってありませんか? rainymood.com rainycafe.com

第二のギター

バンドは4人で構成される。ボーカル、ギター、ベース、ドラム。けれど、ボーカルがギターを持つこともよくある。 ビートルズの影響を受けたMr.Childrenは、ボーカルがギターを掻き鳴らす。メインギターとは異なり、ひたすら忙しなくギターを掻き鳴らす。ま…

みなと

スピッツ / みなと スピッツの最近の作品です。

SEKAOWA

TONIGHT LIVE SEKAI NO OWARI 久しく聞いていなかった世界の終わりを聞きました。 彼らの音楽は馴染みやすいメロディーに、生命や命といったbiologicalな歌詞、愛といったmentalな歌詞が覆い被さります。 身体の中へ。

進化論

Mr.Children「進化論」from Stadium Tour 2015 未完 大小の様々な歯車が複雑に絡み合い 今日も廻っている ああこの世界 愛しき世界 君と廻していこう

大宮サンセット

スピッツ - 大宮サンセット(live2014) この街で俺以外君のかわいさを知らない今のところ俺以外君のかわいさを知らないはず 大宮サンセット君は何故悲しい目で微笑む大宮サンセット 手をつないで歩く土曜日 小さなことが気がかりで何度も繰り返し考える優しい…

醒めない

醒めない(初回限定盤)(Blu-ray付) アーティスト: スピッツ 出版社/メーカー: Universal Music =music= 発売日: 2016/07/27 メディア: CD この商品を含むブログを見る 7月にスピッツの新アルバム『醒めない』が発売されるとのことです。待ちに待ったファンは…

音、空気

01デニスブレイン ホルンソナタ 音は楽器が奏でる。声も奏でる。街には車の音、電車の音など音に溢れている。 名手ヘルマン・バウマンは、私はホルンを歌うように吹いていますと、語っていた。 音は空気の振動。空気がなければ音はない。感動もない。

さらさら

「さらさら」は最近のスピッツの名曲です。グループサウンドって凄いなと思います。たった四人で、人に感動を与えるシンプルで複雑なサウンドを作り上げてしまう。特にベースの音作りは聞かせどころで、ベースの音だけに集中して曲を聴くのも一興です。 スピ…