ojos de perro azul:青い犬の目

青が好き。時々刻々と興味・関心が移ろいで行きますが、あまり守備範囲は広くありません、

宗教

歳を重ねるということ、宗教ということ

私も歳を重ねたものだ。 嫌なことがあっても、しばらくすれば、そんなこと呑み込んでしまえる。 若い頃はそうではなかった。 悲しいことがあると、しばらくは心から悲しかったし、立ち直るのに時間がかかった。 そんなこともあるさ、と納得できてしまう。弱…

夕暮れと信仰、目に見えないものへの憧れ

これまでに何度、夕暮れを見たことだろう。 夕暮れはたまたま見られることもあるけれど、意識してみようとしないと、なかなか見られないものだ。 会社の建物の中にいれば、夕方になっても外に出ないから、そう見られるものではない。 昔、夕方車を走らせて、…

イスラム教、宗教、日常を超えて

仕事場にイスラム教の方が来られた。マレーシア出身ということだ。 マラッカ王国の古よりイスラームを奉じたマレー半島の住人は、今も国教としてイスラム教を信仰している。 泥が合流する地クアラルンプールは、東南アジアの要所にして世界都市である。マラ…

つぶやき

忘年会のシーズンですね。 しかし、どうして年を忘れる会って言うんだろう。去りゆく年にありがとうでもいいのに。 年末には、瀬戸内方面に行って、島や海を見たいなと思います。写真もたくさん撮ってみたいし。 赤穂浪士の討ち入りも12月。クリスマスも12月…

宗教、この厄介なもの

下の最初の写真は、昨日東本願寺で撮影した標語である。だから仏教の、浄土真宗の標語である。 そのあとの写真は、ネットで見つけた街でよく見かける聖書の言葉である。 私には、今だに信仰というものの正体がよく分からない。 日本人の宗教への関わりは、信…

イノシシとの戦い

宮崎駿の『もののけ姫』の冒頭で、タタリ神に取り憑かれたイノシシが登場する。 ところで、京都の護王神社はイノシシ神社とも言うのだが、この神社は和気清麻呂を祀ってあって、私は、イノシシ➡️和気清麻呂➡️奈良時代という連想をしてしまい、『もののけ姫』…

サムエル記

以前にも書いたように、現在、訳あって聖書を紐解いて読み始めている。聖書というと、多くの日本人は変な顔をするだろうけど、聖書はキリスト教の聖典であるだけでなく、歴史的文献としても重要である。よく町の壁などに聖書からの言葉が書かれていたり、そ…

勧誘する宗教

昨日、宗教について気になると書いたけれど、何が気になるのかと言えば、宗教に関心があっても、実際に宗教団体に入って活動をする人と、そういう行動を起こさない人とがいるわけで、その違いはどこから来るのかな?という点である。 私の過去の経験を紐解け…

クルンテープと宗教

タイのバンコクはクルンテープと呼ばれることもある。私はこちらの名称の方が好きである。クルンテープ(天使の都)は、先にも書いた通り暑さの滲む町である。熱帯に属する東南アジアは、一年を通じて暑さというものが基調低音にあるのかなと思う。 クルンテ…

ヨシュア・ツリー

モーゼから後継者を委託されたイスラエルの指導者ヨシュアは、旧約聖書のキリストと呼ばれている。 U2の『ヨシュア・ツリー』は、ヨシュアが天に向けて手を伸ばし、アイの町を攻撃した姿に似た樹木ヨシュアツリーをモチーフにしている。 Joshua Tree アーテ…

Bible

1年くらい前から、訳あってBibleすなわち聖書を紐解き始めている。 ハイティーンの頃から20代の頃まで、西洋・近代を理解するために座右に置いていた聖書は、言わば他の歴史書のごときレベルの文献であり、辞書のような書物であった。 しかし、時間をおいて…

キリスト教、解釈

世界では、キリスト教徒が最も多い。カトリック、プロテスタント、アングリカン、ギリシア正教など幾つかの宗派に分かれる。 さらに、統一教会、エホバの証人など新新宗教も含めると、キリスト教本来の姿がボヤけて見える。 影響力の強い思想からは、どうし…

宗教、教団、信仰

宗教とは何なのだろう?信仰するとはどういうことを指すのだろう?教団・ゼクテとして組織化された宗教団体の意義はどこにあるのだろう? 私は宗教に関心はあれ、本格的に信仰したことはありません。だから、キリスト教にしろ、イスラム教にしろ、新新宗教に…

アンティグア・グアテマラ

グアテマラの古都。石畳の街並みが美しい。